名古屋栄 松坂屋本館正面玄関北向 いちご栄ビル6F 性感染症内科・ED治療・AGA治療の泌尿器科専門クリニック

医療法人 正進会

丸善クリニック | 尿道炎

尿道炎

尿道炎の症状は?

  1. 尿をするとき痛い。
  2. 尿に血が混じる、濁る。
  3. 尿道から膿が出る。

尿道炎になるほとんどの原因は外尿道からの細菌の侵入です。細菌といってもただの雑菌の場合と、さまざまな性病菌の場合があります。

細菌の種類としては、非淋菌性の雑菌、性行為によって感染する淋菌やクラミジアなどがあります。どちらも菌の種類が違うだけで、症状はほとんど同じです。

急性尿道炎の症状

尿道から分泌物が出てくるという症状が特徴的です。分泌物はふつう2種類あり、黄色い色の分泌物が出る場合と、粘着性の分泌物が出る場合とがあります。

黄色い分泌物か粘着性の分泌物かは最近の種類によって違います。雑菌の場合はだいたい白っぽい分泌物ですが、性病の中でも特に淋菌の場合はドロドロした黄色い膿が出てきます。悪化すると黄緑色っぽい膿になり、尿道から常に出て下着を汚してしまいます。

もし思い当たることがあり、3日~1週間くらいの間にこれらの症状が出てきたときは、性行為感染症と考えた方がいいと思います。

また尿道炎にかかると尿が通っている間中、尿道に痛みがあり、尿の出はじめに血尿が出ることもあります。人によっては尿道のかゆみを訴える方もいますが、かゆみというのは痛みより軽い症状です。

治療は尿検査で尿の中に膿球細菌がみられた場合は、その細菌の種類を調べ、雑菌なのか、いわゆる性行為感染症の菌であるのかを診断します。雑菌の場合はその菌を退治する抗菌剤を使い、性行為感染症の場合にはそれぞれの病気を治療する薬剤を投与します。

慢性尿道炎の症状

前立腺の感染や淋病による尿道炎は治ったものの、クラミジア感染が残った状態による複数菌感染などが原因になることが多い様です。

性病にかかった人が一度治ったにもかかわらず、自分が性病を感染させた相手からまた感染してしまうというピンポン感染も原因の一つです。

症状は尿道から少量の分泌物が出たり、排尿時になんとなく不快感がある程度です。治療は急性尿道炎の治療と同様に、菌の種類を固定し、その菌にあった抗菌剤を使います。

オーラルセックスでも感染する

淋菌やクラミジアがいる場所は性器だけではありません。咽頭にも菌が存在し、オーラルセックスによって感染することもあります。特に淋菌性尿道炎は近年オーラルセックスによる感染頻度が増加しており、大きな問題となっています。