単純ヘルペスについて

単純ヘルペスは単純ヘルペスウイルスに感染することで皮膚や粘膜などにブツブツや水ぶくれができる病気です。単純ヘルペスウイルスは一度感染すると神経節に潜伏し、疲労やストレス、月経が誘引となってウイルスが再び活動することで、再発します。ブツブツや水ぶくれができる前に、陰部やお尻の周りなどで感じるピリピリ、ムズムズといった違和感や痒みは、ウイルスが再び活動を始めているサインです。

再発性ヘルペスに対するPITという
新しい治療方法(保険適用)

PIT(Patient Initiated Therapy)とは、あらかじめ処方された薬剤を初期症状に基づき患者判断で服用開始する治療方法です。海外では1day treatmentと呼ばれています。
PITには、現在「ファムビル」という薬があります。初期症状が出てすぐに服用を開始するために、再発にそなえてあらかじめ医療機関でお薬を処方してもらうことができます。

単純ヘルペスをPITで治療する

対象となる方

以下の全てに当てはまる方

●再発性の単純疱疹の方
●同じ病型の再発頻度が年間3回以上の方
●再発の初期症状を判断できる方
※ヘルペスを繰り返す方の約8割は、「ヘルペスがまた出てくるな」という予兆(前期症状)を感じて判断できると言われています。

服用方法

2回の服用で治療は完結しますが、ピリピリ・ムズムズといった違和感や痒み(初期症状)が出てからすぐ(6時間以内)に服用を開始しなければなりません。2回目は1回目の服用から12時間後を目安(6~18時間後の範囲)に服用します。

治療の流れ

次のような方は服用前に必ず伝えて下さい。

●以前にお薬を使用していて、痒み、発疹等のアレルギー症状が出た事のある方
●腎機能障害、血液透析中の方
●妊娠または授乳中の方
●他にお薬等を使っている方

Clinic information

診療時間
10:00~13:00
16:00~19:00
  • 2020年12月30日(水) ~ 2021年1月3日(日)の期間を休院とさせていただきます。期間中はご不便をおかけいたしますが、何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。なお、2021年1月4日(月)より、診療を開始します。
  • 土曜午後は自費診療(性感染症検診〈STD検査〉を除く)のみ診察します。
  • 検診を除く自費の場合、お支払いには各種クレジットカード・デビットカードもご利用いただけます。

地下鉄

名城線矢場町駅下車6番出口より徒歩1分
矢場町駅までは名古屋駅より6分
東山線栄駅下車サカエチカ6番出口より徒歩5分

市バス

JRゲートタワー及びJPタワー名古屋1Fにある名古屋バスターミナルのりば9C-758(都心ループバス)に乗車しナディアパークバス停下車

医療法人 正進会 丸善クリニック

名古屋栄 松坂屋本館正面玄関北向 いちご栄ビル6F 性感染症内科・ED治療・AGA治療の泌尿器科専門クリニック

〒460-0008 愛知県名古屋市中区栄3丁目15−27 いちご栄ビル6F TEL:052-264-1222

院内案内

診療案内

交通案内

© MARUZEN CLINIC