高濃度ビタミンC点滴療法 高濃度ビタミンC点滴療法はんぜがんに特効なのか? 高濃度ビタミンC点滴療法価格表 高濃度ビタミンC点滴療法 処置・処方の流れ 高濃度ビタミンC点滴療法 Q&A
  来院から注射処置までの流れ・・・患者様のプライバシーを第一に考え、処置しています・・・
  来院、相談申込書の記入

ご予約は不要ですので、診療時間中ご都合の良いお時間にご来院ください。

※がん治療・予防目的の方はご予約が必要です。
来院前にお電話 【052-264-1222】 にてご都合の良いお時間をご予約ください。
(空きがあれば当日すぐのご案内も可能ですが、遅くとも来院15分前までにはお電話ください。)

再診の方は、空腹状態で点滴をお受けになると気分が悪くなることがありますので、食事を摂ってからご来院ください。

当院の入口より右側の「保健外診療外来受付」へお進みください。
少し進むと右手に「初診の方専用 申込書記入カウンター」がありますので、初診の方はこちらで『超高濃度ビタミンC点滴相談申込書』をご記入ください。
この記入カウンターは外から見えませんし、スタッフと顔を合わせることもありませんので、ご安心ください

再診の方はその先を左へ進んで頂き、さらに突き当りを右に入って頂くと「再診の方専用 申込書記入カウンター」があります。そちらで申込書をご記入ください。

『超高濃度ビタミンC点滴相談申込書』 及び『超高濃度ビタミンC点滴申込書』 は以下よりインターネットでダウンロードして頂けます。
初診の方は『超高濃度ビタミンC点滴相談申込書』を予めご記入頂きお持ち頂ければ、初回の検査代金合計より200円の割引があります。

超高濃度ビタミンC点滴相談申込書 初診 超高濃度ビタミンC点滴申込書 再診

当クリニック入り口を右へ進みます。   右手に「初診の方専用 申込書記入カウンター」があります。初診の方はこちらで申込書をご記入ください。
再診の方は突当りを左へ進んでください。
  左に進むとED/AGAの受付・待合室があります。
ここへは入らず、そのまま左へ進みます。
 
         
 
左へ向かい、突き当たりまで進みます。   突き当りを右へ入ると右手に「再診の方専用 申込書記入カウンター」があります。
再診の方はこちらで申込書をご記入ください。その奥に待合室が見えてきます。
  受付・待合室です。ここでご記入頂いた申込書をご提示ください。


  受付

記入カウンターの左を少し奥へ進み、さらに左奥へ真直ぐ進んでいただくと受付があります。ここで申込書をご提出ください。お待ち頂く間に、血圧・体温測定を行う場合もあります。

用紙をご提出頂ければ受付で「今日はどのような内容で診察をご希望ですか?」とお伺いすることは
ありません。

尚、自費診療となりますので初診・再診に関わらず、保険証は不要です。
受付後、保険外診療専用待合室でお待ち頂けます。

  診察

必要に応じて医師による診察(問診と個々人の今までの経過をお伺いします。)を行います。
今現在、ガン治療等のお薬を服用されている方は、その旨医師までお伝えください。また疑問点や不安なこと等、何でもご相談下さい。

初診の方は、超高濃度ビタミンC点滴のお話に納得し希望される方のみ、ご予約を頂き次回から点滴を開始します。点滴治療の準備としてG6PD異常症スクリーニング検査の採血を行います。G6PD欠損症は日本人には稀(1,000人中数人)にある疾病で、この症状がある方に高濃度ビタミンC点滴(12.5g超)を行うと溶血性貧血がおこる可能性があるためです。また、同時に腎・肝機能血球一般の検査も行います。

検査結果は約1週間程度で揃いますので、初回点滴治療は初診時から1週間後以降のご予約となります。

  処置

初診の方は、診察終了後、処置室にて「G6PD異常症スクリーニング検査」と「腎・肝機能血球一般検査」の為の採血を行います。

再診の方は、処置室にて点滴注射を行います。処置時間の目安はビタミンCの量により変わります。
◆12.5g ・・・ 25分  ◆25g・・・50分  ◆50g・・・60分〜100分  ◆75g・・・90分〜150分

相談料・初診料・再診料は共に不要です。初診の方は検査代のみ、再診の方は点滴代と必要時の検査代のみとなります。

【点滴処置までの流れ】
@ 空腹の状態で点滴をお受けになると、気分が悪くなることがありますので、食事を摂ってご来院ください。
A 受付後、待合室にてお待ちください。(この間、体温測定・血圧測定等を行う場合があります。)
B .準備が整い次第、すぐ処置室へご案内いたします。
C 点滴挿入前に体調、その他の相談等、ご不安なことがあれば何でも遠慮なくお申し出ください。
D 点滴はリクライニングチェア、又はベッドでお休みいただきながら行います。飲用水をご用意しておりますので、適宜摂取してください。

【点滴中におきやすい体の変化】
喉の渇き 超高濃度のため、脱水が起きてくることによります。予防のため水分を十分摂ってください。トイレ回数も多くなりますが、水分は控えないでください。


血管痛

超高濃度のため、血管痛が出現する場合がありますが、温かいタオルで点滴部位を温めて痛みを和らげますのでご安心ください。


吐き気

超高濃度のための脱水により、吐き気や頭重感が起こる場合がありますが、その場合は点滴の濃度を調整していきます。


軽度皮下出血

稀に指の関節などに皮下出血と痛みが現れる場合があります。これはビタミンCが軽い酸性であることや、一時的に発生した過酸化水素によりごく細かい静脈が障害を受けることによるものと考えられますが、心配はいりません。点滴が終了し血中濃度が下がると徐々に痛みも和らいできます。皮下出血は患部に吸収されます。


点滴が終了し針を抜いた後、その針穴を5分間しっかり押さえて止血を確認後、退室をお願いしております。

処置室にはリクライニングチェアとベッドを備えており、点滴処置を受けながら仮眠をとって頂くことも可能です。
処置室は南向きの窓に面していますが、向かいのビル(松坂屋栄本店)には窓がないため、点滴中に視線が気になることもありません。また、各ブースをつい立てで仕切り、プライバシーにも配慮しております。

各ブースにはスマートフォン等の充電にもお使い頂けるようコンセントも用意しています。
(各機器の充電器はご用意がありませんので、お使いの物をお持ちください。)

  次回処置・処方

ご予約は不要ですので、ご都合の良いお時間にご来院ください。
(がん治療・予防目的の方はご予約が必要です。ご予約をお持ちでない方は事前にお電話 【052-264-1222】 にてご希望の日時をご予約の上、ご来院ください。)
インターネットからダウンロード、もしくは記入カウンターにある『超高濃度ビタミンC点滴申込書』にご記入いただき、診察券と共に受付へご提出ください。ビタミンCの量は医師が決定いたします。

  予約保険外診療専門外来  EDAGAプラセンタ、ビタミン剤注射・点滴、超高濃度ビタミンC点滴】

来院〜お薬処方/注射処置までの流れは同じですが、毎週 月曜日 午後2:30〜4:00 まで、予約保険外診療専門外来を行っております。1日6人までの予約制で、診察料は不要です。お電話 【052-264-1222】 にてご予約ください。尚、ご予約はご希望の診療時間の10分前まで受付いたします。

・他の患者さんとできるだけ顔を合わせたくない方。
EDAGA(うす毛)、アンチエイジング、プラセンタ、にんにく(ビタミンB1剤)注射、高濃度ビタミンC点滴療法等について、さらに詳しく聞きたい方。
・再診で医師に個人的な理由でさらに聞きたい事がある方。

原則として看護師の立会いはありません。ぜひお気軽にご相談ください。


ED治療についての問合せ
丸善クリニックへ