プラセンタ・ビタミン注射・にんにく注射
プラセンタ ビタミン注射 プラセンタ・ビタミン注射料金表 プラセンタ・ビタミン注射処置の流れ プラセンタ治療 Q&A
  プラセンタ以外のビタミン注射等について
プラセンタは現在、注射薬や内服薬、健康食品(食品・ドリンク)、化粧品などでも利用できます。このうち、注射薬は医師のみ取り扱うことができます。注射薬には確かに即効性があるのですが、規則的な通院が難しい方や、より効果を維持したい方の為に、プラセンタ内服カプセルもあります。
【プラセンタ含有経口投与剤(栄養補助食品:サプリメント) 14,700円】
1日4カプセルを目安にお湯または水と共に服用して下さい。内服でのプラセンタ吸収率は注射に比べて若干低く、70%程度になりますが、1日量で注射薬1アンプルの4倍程度のプラセンタを含有しておりますので、継続的な効果を望む方に最適です。

【にんにく(ビタミンB1剤)注射 1アンプル 1,850円】
神経や筋肉の働きを良くするビタミンB1を、直接ゆっくりと静脈注射するものです。にんにくの主成分と同様の成分が入っているため、注射するとすぐにんにくと同じ様な臭いを鼻の奥で感じるため、「にんにく注射」とも言われています。ものすごく疲れたとき、気合を入れたいとき、倦怠感を回復したいとき、やる気や元気を出したいとき等に、効力を発揮します。(静脈注射にて処置を行います。 処置時間=約4分〜5分)

【混合栄養点滴(疲労回復点滴) 1本 6,200円】
にんにく注射の成分であるビタミンB1と共に、ビタミンC等、6種類の神経・筋機能活性剤を加えたカクテル点滴です。
ものすごく疲れたときや、気合を入れたいとき、慢性疲労が溜まってうつの方等に、即効性のある混合栄養点滴をお薦めします。(点滴にて処置を行います。 処置時間=約30分〜40分)

にんにく(ビタミンB1剤)注射や混合栄養点滴の滋養強壮・疲労回復作用は、最近スポーツ選手の方々が
かなり広く活用していることが知られていますが、プラセンタ療法を併用すると更に効力があります。

これらの治療は慢性疲労回復、肩こり症、眼性疲労、二日酔い予防にも効果を発揮します。男女とも、お昼休みの間にも十分処置が可能です。

プラセンタ注射、ビタミンB1剤注射、混合栄養点滴は2回目以降、変わった事がなければ診察なしで
処置が可能
ですので、予約をしておいて頂くと(10分前までの電話予約も可能です。)すぐに注射を
お受け頂けます。

処置時間は、
■ プラセンタ注射(筋肉注射)・・・約1〜2分 /1アンプル
■ にんにく(ビタミンB1剤)注射(静脈注射)・・・約4〜5分 /1アンプル
■ 混合栄養点滴(点滴)・・・約30〜40分 /1本 
         です。


ED治療についての問合せ
丸善クリニックへ