AGA・プロペシア処方は安心の泌尿器科で! プロペシアの効果 プロペシア価格表 プロペシア処方の流れ AGA治療 プロペシア Q&A
  新発売の「ザガーロ」について
2016年6月、世界大手製薬会社のひとつであるグラクソ・スミスクライン社から、新しいAGA治療薬「ザガーロ」が発売されました。一般名はデュタステリドで、2009年に前立腺肥大症治療薬として、厚生労働省から承認を受けている「アボルプ」と同一成分となっております。AGA治療薬としては、韓国に次ぐ2番目の発売ではありますが、前立腺肥大症治療薬としては、100カ国以上で販売実績のあるお薬です。
男性のうす毛(AGA)の原因物質である「DHT」を産生する5α還元酵素には、1型と2型が存在します。2型のみを抑える「プロペシア」に対し、「ザガーロ」は1型と2型を両方抑える事で、より高い効果が期待されている点が大きな特徴となっています。実際に、臨書試験では「ザガーロ 0.5mg」は「フィナステリド(プロペシア)1mg」と比較して、約1.6倍の発毛効果が示されています。
 

  プロペシア、フィナステリド、ザガーロの効果

プロペシア、フィナステリド、ザガーロは元々前立腺肥大症の治療薬として開発されたものでした。前立腺肥大症は男性ホルモンの働きを抑制しながら治療を進めますが、この段階で治験を行った多くの症例に薄毛の改善が見られたのです。
この治験を突き詰めた結果としてプロペシア」「フィナステリド」「ザガーロ」が男性の薄毛(AGA)の治療に有効であることが確認されました。
また、血行促進作用のある外用塗布薬「アロビックス液」と併用することで、プロペシア、フィナステリド、ザガーロの効果がより増強され、発毛効果が高まります。
※前立腺肥大症の治療とAGAの治療に使う薬剤では、成分の含有量が違います。

【予想される効果】
男性のうす毛(AGA)には抜け毛の進行方向など様々なタイプがありますが、早い方で20代から発症し、いずれの場合も放っておくと進行しますそのため、できるだけ早い段階で治療を始めることが有効です。
プロペシア、フィナステリド、ザガーロは1日1回の内服を継続することで、抜け毛の進行を抑える効果や毛髪状態を改善する効果が期待できるお薬です。
通常、効果が確認できるまで6ヶ月間、毎日1回プロペシア、フィナステリド、ザガーロを飲み続ける必要があり、効果を持続させるためには、継続的に服用することが大切です。髪の毛を増やすことのみでなく、抜け毛の進行を遅くし、現状を維持することも治療効果です。治療の効果は抜け毛が減ったかどうかが目安となります。
日本国内での1年間の臨床試験では、頭頂部の写真評価で半数以上の人に改善が認められています。
尚、全ての方に効果があるわけではないことをご理解ください。

  プロペシア、フィナステリド、ザガーロの副作用
プロペシアやフィナステリド、ザガーロは、人によっては目的の効果以外の望ましくない作用(副作用)が出る場合もあります。
プロペシア、フィナステリド、ザガーロにはこれまでに重大な副作用の報告はありませんが、ときに勃起力が弱くなったり、性欲減退や精液量の減少などの性機能に関する症状【ED(勃起不全)】や、胃部不快感などがみられることがあります。
副作用は個人により程度が異なることもありますし、上記以外の副作用が発現する可能性もあります。服用後に何か気になる症状や気がかりなことがありましたら、すぐに担当医師にお申し出ください。詳しい症状をお聞きし、直ちに適切な処置を行います。

尚、副作用とは異なりますが、プロペシア、フィナステリド、ザガーロを服用中の方で前立腺がん検査で測定される「PSA」という検査値が、約50%低下することが知られています。このことから、測定したPSA濃度を2倍した値を基準値の目安として評価する必要があります。
プロペシアやフィナステリド、ザガーロを服用中に前立腺がんの検査を受診される場合には、検査を実施する医療機関の医師にプロペシア、フィナステリド、ザガーロを服用していることを知らせてください。

  プロペシアやフィナステリド、ザガーロの効果を増強する治療法について
AGAの治療法では、プロペシア、フィナステリドやザガーロを用いる飲み薬による治療の効果を増強させる塗り薬による治療法があります。
医療用医薬品としては5%塩化カルプロニウム(商品名:アロビックス液)がありますが、プロペシア、フィナステリド、ザガーロの働きが男性ホルモンの活動抑制であるのに対し、アロビックス液の働きは主に血行促進です。作用機序が異なるため、プロペシア、フィナステリド、ザガーロとアロビックス液の併用で、発毛効果がより増強されます。アロビックス液は1日2回、頭部にふりかけ軽くマッサージを行います。



ED治療についての問合せ
丸善クリニックへ